和食を食べるならゼッタイ行きたい土地【健康が丸見え】

海の幸や山の幸

注目されだした伊勢・志摩

Food

2016年に日本で行われるG7(先進7ヶ国首脳会談)の会場が三重県の伊勢・志摩に決定したのです。 三重県の伊勢・志摩と言えば、日本を代表する神社で有名な伊勢神宮を始め、伊勢湾の美味で豊富な魚介類や松坂牛などが有名です。 そんな三重県の伊勢・志摩がG7の会場に決まったので、今後は国内外からますます多くの観光客が訪れる事が予想されます。 特に外国人観光客を「おもてなし」する際に、最もポピュラーな方法の一つが和食であると言えます。 現に、日本を訪れた多くの外国人観光客が和食の美味しさや素晴らしさに感動し、様々な感想を述べています。 しかし、それだけに和食に対する過熱感も否めず、今後は和食料理のお店に入っても長時間待たされたり、メニュー価格が上昇していると言った事が予想されます。 その為に、どうしたらお得で快適に和食を楽しめれるかがポイントになりますが、そうする為には、予めネットで口コミやレビューを調べておいたりしておき、予定が決まれば、出来るだけ早めに予約を入れておくことが何よりも大切な事と言えます。

平均的な価格の今後予想

G7の会場として決定した三重県の伊勢・志摩には、今後も国内外から多くの観光客が訪れる事が予想されます。 その為、現在はある程度の価格帯で維持されている和食の値段も、今後は高騰する事が予想されます。 例えば、現在は1000円前後で食べられる和食(海鮮定食等)も、訪れる多くの観光客の需要に対して供給が追い付かなくなる恐れがあり、結果として1500円に跳ね上がってしまう事態も予想されるのです。 和食とは、海の幸・山の幸・里の幸等の魚介類や野菜をふんだんに使う事が特徴的ですが、農家や漁師の担い手不足と言った問題や、元々は地元の方々や国内の観光客に対して想定されていた食材もあり、いつ供給不足になるか分からない事もあるのです。 それだけに、いつまでも今の価格が維持されるかどうかは甚だ不透明と言わざるを得ないのです。

健康的な食事

Food

健康ブームの中で和食は今大きく注目されています。その中には季節に合わせた食事など四季折々の食材を使って食べることができます。綺麗に盛り付けるなど見た目から味わうことができるのが和食の魅力です。

Read More...

バランスが大切

Food

現在の日本には多くの海外の食文化が広がっており、和食のお店を凌ぐ勢いです。ラーメン店などは人気が高く、三重県だけではなく日本全国にその店舗を見かけることができます。和食の特徴は産地にまでこだわっており、安全性と味を両立させています。海外でも人気があり、今後も和食レストランが増えていくと思われます。

Read More...

和食を食べたいのなら

Food

自然環境に恵まれた三重県ではお手頃な価格で美味しい和食を食べることができます。観光業によって洗練された和食が研究されており、味だけでなく見た目も楽しむことができます。和食に興味がある方は気軽に訪れてみることをオススメします。

Read More...