和食を食べるならゼッタイ行きたい土地【健康が丸見え】

バランスが大切

海外の食文化

Food

日本の食文化は和食がメインですが、近年では中華や洋食といった海外の料理が多く見られます。 街のあちこちにラーメン店が立ち並び、洋食のレストランなども日々増え続けています。そして今では和食のお店を見つける方が難しく感じるようになってきました。 和食は素材にこだわっており、その価格は平均的に高く感じてしまいます。そして見た目も美しく、料亭などでは食事を行う場所の景観にも力を入れています。 三重県にある和食専門店には毎日海外の旅行客が来店します。多くは和食を求めて来店するのですが、その目当ては味だけではなく見た目にもあります。カメラを片手に写真撮影を行う人も多く、お店によっては撮影を禁止している場合もあります。

和食は世界でも人気

和食の特徴はバランスにあります。素材の産地や安全性にこだわりを持っており、盛り付けや彩りといった見た目にもこだわりを感じられます。 その美しい見た目は海外でも人気があり、海外にも和食レストランが展開しています。 その多くは日本で技術を学んだ外国人の料理人です。和食の技術を学ぼうとする外国人はとても多く、三重県に住んでいる外国人の何割かは日本食を学び、その盛り付けやこだわりを学んでいます。 そして三重県に存在する飲食店では多くの外国人を見かけます。日本へと出稼ぎにやって来た人も多く、技術を学びながら祖国へ仕送りを行っている人もいます。 三重県だけに留まらず、現在の日本では海外から働きに来る外国人が沢山おり、和食の文化を海外へと広める良い機会だという話も聞きます。